記事一覧

すらすら書けるって、すごいこと

4月スタート「入門クラス」が開講して2週間ほど過ぎました。

受講生の皆さんは、オモニ(お母さん)やアボジ(お父さん)などの単語を、ハングル(韓国語の文字)で書けるようになりました。

「オモニ」「アボジ」という音を聞いて、意味が分かるだけでも素晴らしいことですが、それらをハングルで、すらすら書けるって、すごいことだと思います!

「すごいことをしているのだ」というお気持ちで、これからも頑張ってください。

2024年04月17日

きっといい結果が出るでしょう

今日は授業の前に、受講生の方が、「6月のハングル検定試験を受けます」と私に報告してくださいました。

普段よく頑張っていらっしゃるから、きっといい結果が出ると思います。

頑張ってください!

2024年04月16日

【韓国語のラジオ放送の聞き取り】リメイク曲について

中級クラスの次回の授業(4月《第3回》授業)の「韓国語のラジオ放送の聞き取り」では、リメイク曲について、DJが話しているのを聞いて学びます。

今回の「覚えよう!この単語」は、리메이크곡(リメイク曲)です。

2024年04月14日

簡単な通訳ができる人になってほしい

4月スタート「入門クラス」(4クラス)が始まりました。

当教室に入学してくださった皆さんに、心から感謝申し上げますとともに、韓国語が縁で皆さんとお会いできて、本当にうれしく思います。

私は皆さんが「簡単な通訳ができる人になってほしいなあ…」という希望を持っています。

韓国に関心がおありの皆さんは今後、いろいろな日韓交流の場に出かける機会があると思いますが、その中で、韓国語がまったく分からない日本人Aさんと、日本語がまったく分からない韓国人Bさんがいて、AさんとBさんが、コミュニケーションを取りたがっている、という場面に遭遇することがあると思います。

そんな時、AさんとBさんの間に入って、皆さんが通訳をしてあげることで、AさんとBさんが、心を通わせることができれば、こんなに素晴らしいことはありません。

これから韓国語を楽しく勉強して、そういうこと(簡単な通訳)もできるようになるよう、頑張っていきましょう。

2024年04月09日

くじけなかった受講生

受講生のAさんは昨年度の年度途中に入学なさいました(当教室は、年度途中のご入学も可能です)。

Aさんは韓国語の学習経験が、ある程度おありでしたが、提出していただく宿題を拝見すると、つめて書くべきところが離れていたり、文字の書き方が不正確だったり、修正を要する箇所が多くあり、お返しする宿題には、赤でたくさんの修正が入りました。

申し訳ないとは思いつつも、正しくないものに〇(丸)を差し上げるわけにもいかず、かなりの数の修正が入ったものを、2、3か月にわたり、ご返却してきました。

その間、「Aさんは、くじけてお辞めになるかも…」と、私は心配していましたが、Aさんは、韓国語の書き方を少しずつ直していって、今では〇の数がずいぶん増えました。

くじけなかったAさんに、心からの敬意を表します。これからも、頑張ってください。

2024年04月07日

「シナッキ」が始まりました

「シナッキ」とは韓国語で「新学期」のことです。신학기と書きます。

当教室でも「シナッキ」が始まりました。

昨年度からの継続で受講なさる方も、今月新たに入学なさる方も、この「シナッキ」、韓国語を楽しく学んでいきましょう!

2024年04月01日

“世界のオオタニ”が韓国語で投稿してくれて感激

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手が、韓国滞在中の今月3月20日の朝、インスタグラムに韓国語で投稿しました。

“世界のオオタニ”が韓国語で投稿してくれて、韓国の方々はすごく感激しただろうし、韓国語講師としての私もまた、とても感激しました。

韓国語を勉強なさると、このような文もスラスラ読めて、意味も分かって、楽しいですよ。


2024年03月26日

5年間、通ってくださったお礼

この春、ご入学から5年を迎える受講生6名の方々に、感謝の気持ちを込めてお花(プリザーブドフラワー)をプレゼントしています。

この5年間には、コロナで大変な時期もありましたが、よく通い続けてくださったと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


2024年03月25日

単語を1つ1つ覚えていく大切さ

当教室の「入門クラス」に興味を持って先日、教室にお越しになった女性が話してくださいましたが、推しのアイドル(韓国人)と話す機会があった際に、「次」という単語(の韓国語訳)が口から出てこなくて、悔しい思いをなさったそうです。

私はその話を聞いて、「ああ、やはり、単語を1つ1つ覚えていくって、大事なんだなあ…」と改めて思いました。

この教室では、受講生の皆様が、単語を無理なく覚えられるよう、授業の中で、単語を書く練習をしたり、講師が厳選した単語の一覧を毎回お渡ししたり、いくつかの工夫をしています。

この教室で1つでも多くの単語を身に付けて、ご自身の「推し活」にも役立てていただきたいと思います。

2024年03月24日

【韓国語のラジオ放送の聞き取り】今週の特集について

中級クラスの次回の授業(3月《第4回》授業)の「韓国語のラジオ放送の聞き取り」では、今週の特集について、DJが話しているのを聞いて学びます。

今回の「覚えよう!この単語」は、어울리다(似合う)です。

2024年03月23日

「1人では、なかなかできない」

無料体験にお越しになる方々の多くが、おっしゃることの1つは、「(韓国語を勉強しようと思って本も買ったけど)1人では、なかなかできない」ということです。

やはり韓国語の文字を学ぶ段階で、つまづく方が多いようですが、1人では、なかなかできなくても、教室で、講師の説明を聞いて、クラスの仲間と一緒に学べは、「なあんだ、たいして難しくなかった」という場合が多いです。

「1人では、なかなかできな」かった方々のお越しも、心からお待ちしております。

2024年03月20日

学生時代の勉強とは異なる勉強

無料体験にお越しになって、受講をお申し込みになる方が、「勉強するのは学生時代以来です」とおっしゃる場合があります。

この教室は、確かに勉強はしていただきますが、学生時代とは異なり、試験はありませんので、ご安心ください。

また、韓国語の勉強は、韓国ドラマやK-POP、あるいはアイドルの推し活など、ご自分の楽しみと直結していて、勉強すればするほど、それらの楽しみが、より楽しくなると思います。

そういった点も、学生時代の勉強とは異なる点だと言えるでしょう。

「学生時代の勉強とは違うんだ」という楽なお気持ちで、春からお越しいただければと思います。

2024年03月20日

まったくの初めては、いいこと

先週、無料体験にお越しになって、4月からの(入門クラスでの)受講を申し込んでくださったYさんは、「(韓国語を学ぶのは)まったくの初めてなんですけど、大丈夫でしょうか」と、私にお尋ねになりました。

その際、私はYさんに、「まったくの初めてということは、悪い癖がついていないということでもあるので、むしろいいことですよ」とお伝えしました。

発音の仕方や文字の書き方で、悪い癖が身についてしまうと、なかなか直りませんので、「まったくの初めては、いいことなんだ」というお気持ちでお越しいただければと思います。

2024年03月19日

初級修了、おめでとうございます!

入門(文字と発音)の課程3か月と、それに続く初級(基本的な日常会話)の課程9か月、計1年間の課程を、この3月に終えられた17名の受講生の皆さん、修了、本当におめでとうございます!

昨年4月に、まったくのゼロからスタートして、はじめは記号にしか見えなかったハングル(韓国語の文字)が、少しずつ読めるようになりましたね。

そして今では、韓国語で「先週末、何をしましたか?」「福岡に行きました」「福岡で何をしましたか?」「服を買いました」「福岡は人が多かったですか?」「はい、とても多かったです。韓国人も多かったです」などの会話ができるようになりました。

ほんの気持ちばかりですが、この時期に売っている、文明堂総本店の「さくら三笠山」を贈ります。

4月からの「中級クラス」でも、楽しく学んでいきましょう!


2024年03月17日

受講生、韓国語で人助け

本日、授業が終わってから、受講生のお1人が、先日行った福岡での出来事について話してくれました。

ある韓国人観光客が福岡市内でレンタカーを運転していて、パーキングメーターが設置された駐車区間に車を停めて、その後、制限時間(60分)を超過して駐車違反状態となり、お金は追加で入らないし、日本語が分からず、どうすればいいか困っていたそうです。

たまたまその場を通りかかった受講生が、その人から助けを求められて、韓国語でコミュニケーションを取りながら、所定の連絡先に電話をかけたりして、助けてあげたそうです。

韓国語で人助けをなさって、テダネヨ(すごいです)!

確かにパーキングメーターは60分という時間制限があって、コインパーキングとは異なるため、外国の方には分かりにくいだろうと思います。

韓国語が話せる日本人が親切に助けてくれて、その観光客の方も、いい思い出になったのではないでしょうか。

2024年03月09日

ひな祭りのこの時期に

3月3日のひな祭りを挟むこの時期、ささやかですが、受講生の皆様にお菓子をお配りしています。

ひな祭りには、女の子の健康と幸せを願う意味が込められているそうですが、私もまた、受講生の皆様のご健康と幸せを願っております。


2024年03月02日

過去形を学んだ直後の会話練習

初級クラスでの授業では今週、過去形について学びましたが、さっそく、過去形を使っての会話練習を、いくつかしました。

「先週末、福岡に行きましたか?」「福岡は人が多かったですか?」「今日、昼食を食べましたか?」「今日は天気が良かったですか?」「中学校には何年通いましたか?」「中学校で英語を学びましたか?」などなど…。

過去形という、1つの文法事項を学んだだけで、話せることが一気に広がりました。

来週以降も楽しく会話していきましょう!

2024年03月01日

基礎を身に付けてから大学へ

当教室の受講生のうち1割ほどは高校生ですが、その中には「大学で韓国語を学ぶ」という選択をする方もいらっしゃいます。

韓国語を専門的に学べる関東の大学のオープンスクールに足を運んでいる方もいらっしゃるし、また先日は、高校卒業を控えた受講生の保護者の方から「こちら(長崎大波止韓国語教室)で韓国語を学んだことが進学にも繋がり、大きな一歩になりました」という、うれしいメッセージもいただきました。

この教室で、韓国語の基礎をしっかり身に付けておくと、大学での韓国語の勉強を、非常にスムーズに進められると思いますので、韓国語に興味のある高校生の方はぜひ、当教室へのご入学をご検討ください。

2024年02月28日

忙しい中、どう実力を伸ばすか

社会人になってからの外国語学習は、普段なかなか、勉強する時間が取れず、大変です。

だからと言って、普段、何もしないでいると、実力は停滞したまま、ということになります。

当教室では前回の授業で教科書に出てきた単語の中から、ぜひ覚えていただきたい単語20個を厳選して、一覧にして配布し、授業中に時間を取って、みんなで覚える作業をしています。

忙しい受講生の方も、毎週その20個の単語を覚えていけば、聞けること、言えることが確実に増えていくのを実感できると思います。

2024年02月23日

ラジオ放送とドラマを使用している理由

当教室の「中級クラス」では、「韓国語のラジオ放送の聞き取り」と「韓国ドラマの聞き取り」の両方を、毎回実施しています(解説・発音練習等を含め各10分)。

「韓国語のラジオ放送の聞き取り」では、DJは基本的に、丁寧な言葉で話していますが、「韓国ドラマの聞き取り」では、登場人物が、ぞんざいな言葉で話している場面を使用することも多いです。

当教室の聞き取りの訓練を通して、韓国語の「丁寧な言葉遣い」と「ぞんざいな言葉遣い」の両方に慣れていただきたいと思っています。

2024年01月19日

きちんと学ばなければ分からない

「韓国ドラマを長い間見ているけど、韓国語は、さっぱり分からない」というお声を、当教室に入学なさる方、あるいは無料体験にお越しになった方からお聞きすることがあります。

その原因の1つは、韓国語の語形変化にあると思います。

例えばトゥッタ(聞く)という単語の場合、話の中でいつもトゥッタという形で出てくる訳ではなく、トゥルだったり、トゥロだったりに変化したものが話の中に入り込んでいるのです。

後ろにどういう語尾が続くかによって、それらは使い分けられるのですが、やはり、そういうことを1つ1つきちんと学んで初めて韓国語が分かる、ということになるのだろうと思います。

お1人でも多くの方が、この教室にお通いになって、その辺りのことも楽しく学んで、韓国語が分かるようになっていただきたいと思っています。

2024年01月12日

【ラジオの聞き取り】韓流について

中級クラス11月《第4回》授業の、ラジオの聞き取りでは、韓流についての話を聞きます。

「韓流」は、韓国語で何と言うのかを含め、頑張って聞き取りましょう。

2023年11月24日

祝日にも「教室に行って授業を受けます」

今日は祝日(勤労感謝の日)でしたが、授業を実施しました。

今日の授業では、たまたま教科書に 교실에 가서 수업을 받아요(教室に行って授業を受けます)という例文が出てきましたが、祝日にもかかわらず「教室に行って授業を」お受けになった方々に、お菓子をさしあげました。

大変お疲れ様でした!


2023年11月23日

生きた韓国語を学んでほしい

当教室の授業では、教科書での学習以外に、ラジオを聞いたりドラマを見たりしながら韓国語を学んでいます。

教材としてラジオやドラマを使うのは、受講生の方々に「生きた韓国語を学んでほしい」と思うからです。

教科書の韓国語が、生きていない、というわけでは決してないのですが、(これは私の技量の問題でもありますが)教科書の学習だけでは、授業が、どうしても味気なくなってしまうと思うのです。

授業で扱うラジオやドラマの内容は、決して易しくはないので、すべてを消化するのは難しいと思いますが、そこに出てきた単語を、いくつかでも覚えていってほしいと思っています。

2023年11月19日

【ドラマの聞き取り】人を紹介する場面

11月《第2回》授業のドラマの聞き取りでは、『力の強い女 カン・ナムスン』の一場面をお見せしますが、「こちらは○○です」と、人を紹介しています。

どういう表現を使っているか、聞き取りましょう。

2023年11月12日

ヨントンに当たって良かったですね!

今日、授業が終わってから受講生のお1人が、好きなアイドルとのヨントン(ビデオ通話)に当たって会話したと報告してくれました。

いつも熱心に学習に取り組んでいらっしゃいますが、アイドルとの会話でも、きっと勉強の成果が表れたと思います。

アイドルと会話できる、次なる機会に向け、また勉強がんばってください!

2023年11月11日

早退にも対応させていただきます

当教室は大波止バス停のそばにあります。

帰りのバスの時間の都合で、授業が終わる前に早退なさる場合は、授業の最後に配布しているプリントを、事前にお渡ししておく、などの対応をさせていただきますので、どうぞお気軽にお知らせください。

2023年11月09日

【ドラマの聞き取り】遊園地に行く場面

8月《第4回》授業では、ドラマ『キング・ザ・ランド』の一部分を見て学びます。

今回は女性と男性(2PMのジュノさん)が遊園地に行く場面ですが、놀이공원(遊園地)という単語を、この機会に覚えましょう。

2023年08月27日

【ドラマの聞き取り】別れを切り出す場面

8月《第3回》授業では、ドラマ『キング・ザ・ランド』の一部分を見て学びます。

今回は女性が男性(2PMのジュノさん)に別れを切り出す場面ですが、떠나다(去る)という単語を、この機会に覚えましょう。

2023年08月21日

J-HOPEさんの手書きのメッセージを読む

「中級クラス」の先週の授業では、BTSのJ-HOPEさんが先月、軍隊に入隊する際にインスタグラムに投稿なさった手書きのメッセージ(日本語訳:元気に行ってきます)をご紹介して、みんなで読む練習をしました。

 

2023年05月15日

4月スタート「入門クラス」が始まりました!

4月スタート「入門クラス」が2クラス、今週から始まりました。

皆さん、やる気満々で、初回の授業を熱心に受けられました。

ご入学くださり、誠にありがとうございます。

皆さんの目標達成のお役に立てるよう、私も頑張ります!

2023年04月06日

ご入学から丸5年の方々への、小さい花

この4月で、ご入学から丸5年を迎えられた受講生の方々に、小さい花(プリザーブドフラワー)をさしあげました。

長く通ってくださり、どうもありがとうございます。

これからも頑張ってください!


2023年04月05日

初級クラスの修了、おめでとうございます

初級クラスを修了なさった受講生の方々に今週、お菓子(レモンケーキ)をさしあげました。

昨年4月にゼロから(文字の学習から)スタートなさって、1年間、よく頑張ってこられました。

中級クラスでも楽しく勉強していきましょう!

2023年03月24日

ソウル旅行のお土産、ありがとうございます!

昨日まで2泊3日でソウルに旅行に行ってこられた、初級クラスの受講生の方が、お土産をくださいました!

감사합니다(ありがとうございます)!

店員さんの言うことが聞き取れたり、メニューや表示が読めたりなさったとのこと。

韓国語を学んでこられて良かったですね。

これからも頑張ってください!

2023年03月24日

改めて思ったこと

今年度(2022年度)も終わりに近付き、中級クラスでは今週、教科書の最後の課の、最後のページを学びますが、日本語を韓国語に訳す問題の中に「この店は親切なだけでなく、食べ物もおいしいです」とあります。

正解(解答例)は、이 가게는 친절할 뿐만 아니라 음식도 맛있어요.となりますが、それはさておき、「この韓国語教室は親切なだけでなく、韓国語がよく身に付きます」と言われるようにならなければ…と改めて思いました。

2023年03月21日

祝日の受講、お疲れ様でした!

今日(2月23日)は祝日ですが、授業を実施させていただきました。

休みの日に勉強しに出かけるって、きついのに、頑張って来てくださった受講生の方々に、ほんの気持ちですが、お菓子(いちごカステラ巻)をさしあげました。

大変お疲れ様でした!

2023年02月23日

福が、やって来そうです!

今日は節分。諏訪神社の豆を受講生の方からいただきました!

縁起がいいものを、カムサハムニダ(ありがとうございます)!

福が、やって来そうです!

2023年02月03日

受講生からの年末のメッセージ

本日(12月27日)の授業を欠席なさった受講生の方から、ご丁寧に、年末の挨拶のLINEをいただきました。

「本年中は大変お世話になりました。おかげで楽しく勉強出来ました。引き続き来年も宜しくお願いします」

「楽しく勉強」していただだけて、本当に良かったです!

こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年12月27日

クリスマスの、ささやかなプレゼント

今週は受講生の皆さんに、クリスマスの、ささやかなプレゼント(お菓子)をさしあげました。

今週、欠席なさった方には、次回、お渡ししますね。


2022年12月24日

寒い中、体験に来てくださり、ありがとうございました

今日(17日)は、すごく冷えます。予報通り、明日は雪が降るのでしょうか…。

そんな中、夜、無料体験にお2人来てくださいました。寒い中、どうもありがとうございました。

教室の印象、講師の印象は、いかがだったでしょうか? どうぞよろしくご検討ください。

2022年12月17日

ご入学から8か月の受講生の方々

今年4月に入学なさって、韓国語をゼロから学び始めた受講生の方々は、ご入学から8か月が過ぎた現在、下のような文章をスラスラお読みになって、内容についての質問にも答えられるようになりました。

その間、コツコツ努力してこられた成果ですね。

大げさかもしれませんが、「人間の努力って、すごいな」と思います。

 

2022年12月15日

開講を楽しみにしてくださって、ありがとうございます

1月スタート「入門クラス」(毎週木曜日13:00~14:10、1月5日スタート)に先日LINEで申し込んでくださった方は、「学習できることを楽しみにしています」と書いてくださいました。

開講を楽しみにしてくださって、どうもありがとうございます!

楽しく学習を続けていただけるよう、私も頑張ります。

2022年12月10日

それぞれのグループにファンがいると実感

高校生の受講生の方が、韓国のアイドルグループのファンミーティングに行ってきたと、授業が始まる前に話してくれました。

グループ名をお尋ねすると、私が初めて聞くグループ名でした。

そのグループ名を初めて聞いたとお伝えすると、その受講生の方は、「あまり人気がないから…」とおっしゃいましたが、日本に来てファンミーティングを開くぐらいですから、それなりに人気があるグループなのだろうと思います。

BTSやセブンティーンだけでなく、それぞれのグループにファンがいて、ファンたちは熱心に活動しているのだと改めて実感しました。

2022年12月10日

「ハングルが読めるようになりたくて、申し込みました」

1月スタート「入門クラス」(毎週木曜日13:00~14:10、1月5日スタート)に昨日申し込んでくださった方は、お申し込みのLINEの中で、「ハングルが読めるようになりたくて、申し込みました」と書いてくださいました(お申し込み、ありがとうございます!)

「ハングル(韓国語の文字)が読めるようになりたい」というのは、最初の段階として、非常に適切で、良い目標です。

話せるようになるためにも、聞き取れるようになるためにも、まずは、ハングルが読めるようになる必要があります。

ご入学から3か月間は、まさにハングルを読む練習が中心になります。

文字の種類が多くて、スラスラ読めるようになるまでの道のりは、決して楽ではありませんが、頑張っていただきたいと思います。

2022年12月07日

「独学では、どうしても自分に甘くなって…」

本日、入門クラスの無料体験にお越しになった方は、無料体験の終了後、そのまま入学を申し込んでくださいましたが(どうもありがとうございます!)、この教室に通おうと思った動機について、いろいろ話してくださいました。

・独学では、どうしても自分に甘くなって、続かない。

・教室に通って、きちんと基礎から学ぼうと思った。

・特に発音。パッチムなど、独学では習得が難しい。

・夢彩都の近くで便利(授業の前後に買い物ができる)

しっかりお役に立てるよう、私(講師)も頑張ります!

2022年12月01日

勉強すると読めるようになりますよ

韓国語を勉強なさると、日常見かける、こういう韓国語も、スラスラ読めて、意味もわかって、文法的にどうなっているのかも説明できるようになりますよ。

 

2022年11月30日

こちら(当教室)を選んでいただけるように

今春のことですが、新入生の方から受け取った入学申込書の中のご住所が諫早だったので、「あ、諫早から通ってくださるんですね」と、その方にお伝えすると、「(韓国語教室が)諫早にないからですね」とおっしゃいました。

「これから先、諫早に韓国語教室ができたら、そっちに“転校”なさるのかも…」と、その時、思いました。

諫早や大村から通ってくださっている受講生の方は複数いらっしゃいますが、今後、諫早や大村に韓国語教室ができた場合も、こちら(当教室)を選んで通っていただけるよう、より良い授業をしていこうと思います。

2022年11月27日

学校の勉強も、韓国語も頑張る高校生に感心

今日「入門クラス」の授業が終わった後、高校生の受講生が、高校生活のこと(勉強のことなど)について話してくれました。

学校の勉強も忙しいのに、毎週、韓国語教室にも通って、韓国語教室の宿題も欠かさず提出していらっしゃって、頑張っているなあ、と感心しました。

2022年11月19日

「K-POPアイドルと韓国語で直接話しました」

今日、授業が終わった後、受講生のお1人が私の所に来て、「K-POPアイドルと(イベントで)韓国語で直接話しました!」というお話をしてくれました。

「K-POPアイドルと、ヨントン(ビデオ電話)で韓国語で話した」という話は、最近、別の受講生から聞きましたが、直接話した、という話はめったに聞きません。

憧(あこが)れのアイドルを目の前にして、かなり緊張もするでしょうし、面と向かって直接、しかも韓国語で話した、というのは、大変な“快挙”だと思います。

どんなことを話したのか、についても、教えてくれました。

いい思い出ができて、本当に良かったですね!

2022年11月18日

「自分でやるのと全然違います」

この度、この教室に入学なさって、この教室の授業を本日、初めてお受けになった受講生の方が、授業が終わって「自分でやるのと全然違います」とおっしゃってくださいました。

どのように全然違うのか、は、特にお尋ねしませんでしたが、「自分でやるより、はるかによく身に付く」ということではないかと思います。

韓国語をご自宅で1人で学んでいらっしゃる皆様も、そのご努力は大変貴(とうと)いものですが、この教室に通うことで、韓国語がより良く身に付くかもしれません。

ぜひ、ご入学をご検討ください。

2022年11月17日

アーミー(BTSのファン)が3割を占めるクラスも

中級クラスの「ラジオを聞いて表現を学びましょう」のコーナーでは今週、BTS(防弾少年団)のJIN(ジン)さんについての話を聞いています。

その話の中に、「アーミー(BTSのファン)」という言葉が出てきたので、受講生の中に、アーミーがどのくらいいらっしゃるのかと思って、アーミーの方に挙手をお願いしました。

すると、複数ある中級クラスのうち、アーミーが占める割合が最も高いクラスでは、実に3割の方がアーミーでした。

「BTSって、すごいなあ」と、改めて思いました。

2022年11月10日

入門クラス、単語の書き取りに挑戦

10月上旬にスタートした「入門クラス」では先週、単語の書き取り(写真の10問)に挑戦していただきました。

まだ教科書に出てきていない、受講生の方々にとっては未知の単語を講師が5、6回読み上げ、そのつづりを考えてノートに書いてみる、というトレーニングです。

ご入学からまだ3週間ですので、3分の1ぐらい書き取れれば上出来だと思います。

答え合わせの際は、それぞれの日本語訳もお伝えし、発音練習をしました。

いずれも、日常よく使う単語なので、どんどん覚えていかれるといいですね。

10月スタート「入門クラス」は、今からでもお入りいただけます(詳しくはこちら)。

ご関心がおありの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

2022年10月31日

教科書を書き写してから授業に臨む

教科書の、その日に学ぶであろう内容(本文や例文)をノートに書き写してから、授業に臨んでいる受講生の方がいらっしゃいます。

授業中は、そのノートと教科書を机の上に(開いて)並べて置いて、講師の説明を必要に応じて、それらに書き込んでいらっしゃいます。

ノートへの書き写しは、書くことで記憶に残り、非常に効果がありますが、大変なので、なかなか実践できることではありません。

それを毎週続けていらっしゃるので感心しています。

お忙しい中、ある時は眠い目をこすりながら、頑張って書き写していらっしゃるのでしょう。

努力が実を結ぶことを、心から願っております。

2022年10月29日

「中級に進級できますか?」

当教室では「入門・初級」の課程を1年(クラスによっては1年半)で終えて、その後は中級クラスで学んでいただいています。

初級クラスの受講生の方から、「私は中級に進級できますか?」と尋ねられることが、たまにありますが、ご心配には及びません。

初級レベルの文章を、きちんと声に出してお読みになれさえすれば、大丈夫です。

中級クラスに入りたての頃は、実力がまだ初級レベルであっても、中級クラスで学んでいるうちに(実力が)徐々に中級レベルになっていくと思います。

初級クラスでも中級クラスでも、ご一緒に楽しく勉強していきましょう!

2022年10月27日

BTSのメンバー全員が除隊するまでに

「好きなアイドルが入隊してしまって、その人が除隊するまでに韓国語をマスターしようと思います」という動機で当教室に入学なさった方が、これまでに何人かいらっしゃいます。

報道によると、BTS(防弾少年団)のメンバーがついに入隊し始めるようで、ファンの方々にとっては寂しさもひとしおだと思います。

この機会に「BTSのメンバー全員が除隊するまでに、韓国語をマスターする!」という目標を掲げて、韓国語の学習をお始めになってはいかがでしょうか。

2022年10月23日

高校生の受講生は、全体の1割

当教室の受講生のうち、高校生の方は全体の1割で、あとの9割は成人の方になります。

そのため高校生の方々にとっては、多くの場合、大人たちに囲まれて勉強することになりますが、このことはきっと、いい経験にもなると思います。

気後れしないで頑張ってくださいね。

2022年10月23日

日本人の講師だから、できること

「日本人の講師だから、できること」として、まず挙げられるのは、韓国語が口から出てこなくて、もどかしかったり、悔しかったりする「学習者の気持ちがわかる」ということではないかと思います。

そのため、ネイティブの講師に比べて、学習者のそういう気持ちに寄り添った指導が可能になると思います。

また、日本人の講師に教われば、韓国語をゼロから学んで話せるようになった人が目の前にいる、ということ自体が、「自分もそうなれる」という“確信”や“希望”にもなるでしょう。

韓国語をネイティブに教わりたいな…と思っていらっしゃる方も、日本人講師の“良さ”に気付いていただき、この教室の門をたたいて欲しいと思います。

2022年10月17日

韓国語の学習歴31年、毎日ある発見

私は韓国語を1991年に学び始めたので、学習歴は今年で31年になります。

私は毎日、一定の時間、韓国のラジオ放送を聞いていますが、こんなに長く勉強しているのに、韓国語について毎日、発見があります。

先日も、「あ、○△という単語の○は、表記上は平音だけど、ネイティブは濃音で発音するのか!」という発見がありました。

31年も学んできて毎日、発見があるのは、私の勉強不足のせいでもありますが(汗)、そのことを差し引いても、やはり、言語の世界の奥深さ、深淵さを思わずにはいられません。

2022年10月17日

たくさん聞いていたら、話せるようになった

「韓国語が、どうやって話せるようになったのか」と聞かれることがありますが、一言で申し上げると、「たくさん聞いていたら、話せるように」なりました。

私は韓国留学の経験はありませんし、日本国内で、ネイティブスピーカーから手取り足取り韓国語を教わった、ということもありません。

ただ、韓国語をひたすら聞いて、わからないことを調べ、それを口にしていました。

当教室の授業では、聞くことを重要視していますが、それは、私自身の経験によるところが大きいと思います。

「話せるから聞ける」のではなく、「聞けるから話せる」のであって、「話す」ことより「聞く」ことが先だ、と私は思っております。

受講生の皆さんは、これからも、この教室で韓国語をたくさん聞いて、それを口にしながら楽しく学んでいきましょう!

2022年10月17日

最初よりも聞き取れれば “成功”

授業の「ドラマを見て表現を学びましょう」のコーナーでは、動画(ドラマの一部分)を、まず2回お見せした後、スクリプト(文字起こししたもの)をお渡しして、内容の解説、発音の練習をしています。

そしてコーナーの最後には、スクリプトを裏返しにして、再度、動画を見ていただき、最初に見た時と比べて、どれくらいわかるようになったか(聞き取れるようになったか)を確認していただいています。

最初より、少しでもわかるように(聞き取れるように)なっていれば、“成功”です。

後は、ご自宅で再度、動画とスクリプトを見ながら学習し、わかる部分(聞き取れる部分)を増やしていってください。

2022年10月12日

上達のカギは、チャグンチャグン

차근차근 [チャグンチャグン] という単語を辞書で調べると、いろいろな訳が出ています。

・落ち着いて、きちんきちんと
・丹念に
・念入りに
・入念に
・几帳面に
・ちゃんと
・一歩一歩
・着実に

韓国語に限らず、外国語の上達のカギは、まさに、これなのだろうと思います。

覚えるべきこと、覚えたいことがたくさんあって、ちょっと焦るけど、焦らないで1つ1つを「チャグンチャグン」学んでいくことです。

「チャグンチャグン」が不足していて、うろ覚えの状態では、使えない場合が多いです。

受講生の皆さん、これからもご一緒に、チャグンチャグン、コンブ(勉強)していきましょう!

2022年10月05日

年齢制限(上限)は、ございません

昨日の夕方、教室のチャイムが鳴って出てみると、少しだけご年配の方が立っていらっしゃいました。

「韓国語を学びたいのですが…」とのことで、教室の中でお話をお伺いしました。

その方は、少し緊張した面持ちで、「私のような高齢者でも、大丈夫でしょうか? 年齢制限はありますか?」とお尋ねになるので、年齢制限(上限)はない旨をお伝えすると、安心なさったようでした。

10月からは都合が悪く、来年4月の入学を考えている、とのことでした。

春から、ご一緒に楽しく勉強できることを、楽しみにしております。

2022年10月05日

「いきなり中級クラス」も大歓迎です

現在、中級クラスで学んでいらっしゃる受講生Yさんの場合は、文字の勉強と初級レベルの内容は独学なさって、いきなり中級クラスにお入りになりました。

こういうケース(「入門~初級クラス」を飛ばして「中級クラス」で受講なさるケース)も大歓迎です。

2022年10月05日

「難しい…」も、時間と共に

今年4月に入学なさって、2、3か月の間、授業中、あるいは授業の前後に、しょっちゅう「難しい…」とおっしゃっていた受講生の方が、このところ「難しい…」とおっしゃらなくなりました。

「難しい」と思いながらも、学習を続けていたら、時間と共に「難しい」と感じなくなられたのだろうとお察しします。

その方が宿題にお書きになるハングル(韓国語の文字)も、最近特に引き締まって見えますしね。

これからも頑張ってください!

2022年10月05日

検定試験の受験に疲れた方も

検定試験は、級が上がるにつれて、合格するのが難しくなります。

このブログを読んでいらっしゃる方の中にも、「○級に、なかなか受からない」と、日々、悶々としている方もいらっしゃるのではないかとお察しします。

学習を続けているから、実力的には少しずつ向上しているにもかかわらず、そういう状態(悶々とした状態)が長く続くと、学習そのものが嫌になってしまう恐れがあります。

○級に、なかなか合格できないことは、ひとまず横に置いておいて、楽しみながら学習を続けていくと、知らず知らずのうちに、○級の合格レベルに達している、ということも、よくあります。

検定試験の受験に疲れた方も、この教室で、韓国ドラマの一部分を見たり、韓国語のラジオ放送を聞いたりしながら、毎週楽しく学習を続けていって欲しいと思います。

2022年10月03日

「思った通りの先生」とは?

以前、無料体験にお越しになった方が、無料体験が終わって帰り際に、「思った通りの先生でした」とおっしゃいました。

その方はその後、ご入学くださったのですが、無料体験の前に、教室のブログなどを読んで、私のことを「こういう人物だろう」と予想していて、その通りだったということでしょう。

どういうふうに「思った通り」だったのかは、お尋ねしなかったので謎ですが、「どんな人物か、見に行くか」ぐらいの気持ちで、お気軽に、無料体験にお越しいただければと思います。

2022年10月01日

韓国のおみやげ、カムサハムニダ!

先週、韓国に行ってこられた受講生の方が、おみやげをくださいました。クッキーと海苔です。カサハニダ(ありがとうございます)!

ソウルの街を歩く人々の様子や、シャッターが下りている店舗が増えたミョンドン(明洞)の様子など、授業の前に、いろいろ話してくださいました。

途中、思わぬ出来事にも見舞われたようですが、学んだ韓国語を駆使して、乗り越えられたようです。テダネヨ(すごいです)! ご旅行、お疲れ様でした!

2022年09月27日

検定試験の対策について

当教室では現在、「○○試験△級講座」という授業(検定試験の対策のみに特化した授業)を設けておりません。

通常の授業の中で、たまに、検定試験の過去問をみんなで解いてみる、という形にしております。

受講生の方で、検定試験の勉強をなさっていて、質問がおありの際は、授業の前後にお気軽に質問なさってください。

2022年09月26日

「観察」する習慣

韓国ドラマを見る際、あるいは韓国のラジオ放送を聞く際に、漫然と見たり聞いたりするのではなく、「ネイティブは、こういう状況を説明する時、こういう表現を使うのか」「ネイティブは、こういう気持ちを伝える時、こういう言い方をするのか」というふうに「観察」する習慣をつけるといいと思います。

そして、それをノートか何かに「記録」(メモ程度でも)すると、なおいいと思います。

2022年09月26日

階段をのぼりながら

当教室はビルの3階にありますが、ビルにはエレベーターがありません。そのため、教室までは階段をのぼってきていただくことになります。

受講生の皆さんは、授業の日に、この階段をのぼりながら、どんなことを思っていらっしゃるのだろう…と考える時があります。

「今日はどんな授業だろうか」「今日はどんな表現を学ぶのだろうか」…といったところでしょうか。

授業が終わって、毎回「ああ、今日も面白かった」「今日も勉強になった」と思って、階段をくだっていただけるよう、頑張ろうと思います。

2022年09月26日

字幕なしでドラマが見られるようになるか?

韓国ドラマを字幕なしで見たくて、韓国語を学び始める方は少なくないと思います。

大変素晴らしい動機だと思いますが、韓国ドラマを字幕なしで見て「全部わかる」ようになるのは、相当なレベルであり、かなり困難なことだと私は考えています。

目標が高すぎると、疲れてしまう場合もあるので、気を付けなければなりません。

ただ、学習を続けていくと、ドラマを字幕なしで見て「わかる部分が増えていく」のは間違いないと思います。

そのことに楽しさを感じながら、学習を続けていって欲しいと思っています。

2022年09月25日

リウルパッチムの発音

今日の授業で、練習問題の答えを受講生の方に言っていただく際、リウ(ㄹ)パッチの発音が、ちょっと気になったので、舌先の正しい位置などについてお伝えして、何度か練習したところ、上手になられました。

発音の誤りは、なかなか自分では気付きにくいものです。リウパッチを上手に発音できると、韓国語が全体的に上手に聞こえると思います。頑張ってください。

2022年09月24日

文法を理解してこそ

韓国語の変則活用の中でも、고르다(選ぶ)→ 골라요(選びます)、부르다(歌う)→ 불러요(歌います)などの「르変則活用」は、難しい方の部類に入ると思います。

今週の中級クラスの授業では、受講生お1人お1人に、それぞれ異なる르変則活用用言を担当していただき、正しく活用できるか答えていただいたところ、皆さん、上手に活用できて、皆さんの“成長”を感じました。

韓国語は、変則活用も含め、文法を正しく理解してこそ、正しく話すことができます。この教室で、文法もきちんと学び、楽しく会話していきましょう。

2022年09月23日

ちょっぴり不思議?

昨日、ひょっこり教室に来られたネイティブの方は、韓国語教室だから当然、韓国人がいるだろうから、その人に、韓国行きの航空券について聞きたいと思って来られたようでしたが、「いや、私は日本人で、1人で教えている」と伝えると、「なぜ?」と聞かれました。

「韓国語は、もともと趣味でやっていて…」と、しばらくお話すると、「ほう、そうかあ」という表情をなさいました。日本人が1人で韓国語を教えている、ということが、ネイティブには、ちょっぴり不思議に見えるのかもしれません。

2022年09月23日

たまにある、ネイティブの訪問

「韓国語教室」という看板を見て、韓国人のネイティブの方が興味を持って、教室に来られることが、たまにあります。

今日の午後も、教室のチャイムが鳴って、出てみると、韓国人のネイティブの方でした。その方は、日本に住んでいるネイティブの方でしたが、韓国に行くための航空券について、尋ねたいことがあって、「韓国語教室なら、わかるかも…」と思って来られたようです。

しかし、私もこのところ韓国に行ってないし、結局、何のお役にも立ちませんでしたが、しばし、韓国語での交流タイムになり、楽しかったです。

2022年09月22日

入学から、もうすぐ半年の方々

秋になり、4月に入学なさった方々も、入学から、もうすぐ半年を迎えようとしています。はじめの3カ月間は文字の読み方を学び、その後は会話文を学習しています。

今では、「ここで何を勉強しますか?」「韓国語を勉強します」「宿題は、どこでしますか?」「家でします」などの会話ができるようになりました。

書く方も、文字の形が安定してきたし、また、韓国語に欠かせない「分かち書き」も上手にできるようになり、毎回提出していただく宿題に、참 잘했어요(大変よくできました)のスタンプを押す回数も増えてきました。

まもなく数字の学習が始まり、ちょっとだけ難しくなりますが、これからも楽しく勉強していきましょう。

2022年09月21日

俳優の口の動きを見て学ぶ

先週の『ドラマを見て表現を学びましょう』のコーナーでは、ドラマ『社内お見合い』の一場面をお見せしました。

内容についてのご説明に加え、今回は、俳優さんの口の動きがよくわかる部分があったので、「この単語を発音している時、母音がこうだから、こういう口の動きになります」とご説明し、その部分を繰り返し見ながら、発音練習もしました。

2022年09月19日

詰めて書くのが上達したYさん

受講生のYさんは最近、「文字を詰めて書く」のが、とても上手になりました。韓国語は、詰めて書くべき所と、分かち書きするべき所を、はっきりさせる必要があり、詰めて書くべき所が離れてしまっていると、その部分が「分かち書き」に見えてしまいます。

Yさんの宿題をチェックさせていただく際、詰めて書くべき所が離れてしまっているケースが多く、その箇所に対して、赤のボールペンで「もう少しつめます」というコメントを何度も書かせていただきました。

そういうコメントがしばらく続いたので、Yさんは、韓国語の学習に嫌気が差してはいないかと心配していましたが、Yさんは毎週熱心に通ってくださり、今では、「もう少しつめます」のコメントも、すっかり減りました。

2022年09月19日

教室に3年通ってTOPIK2級

当教室に2019年4月に入学なさった方が、今年(2022年)7月に受験した韓国語能力試験(TOPIK)で2級に合格なさっています。

2級の評価基準は、「約1,500~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できる」となっていますが、(授業の内容をしっかり復習して身に付けていかれた場合)「教室に3年通ってTOPIK2級」と考えていただいていいかと思います。

2022年09月19日

1番BTS、2番SEVENTEEN

当教室には、BTS(防弾少年団)が好きで、韓国語の勉強を始めた方が比較的多いですが、SEVENTEEN(セブンティーン)が好き、という方の入学も、比較的多いです。1番BTS、2番SEVENTEEN、といった感じです。

2022年09月18日

歌って、発音を鍛える

BTSの歌が好きだったり、SEVENTEENの歌が好きだったり、韓国の歌がお好きなことは、本当に素晴らしいことだと思います。

ご自宅では、それらの歌を、聞くだけではなく、韓国語の歌詞を見ながら、どんどん歌ってくださいね。まねて歌えば歌うほど、韓国語の発音が鍛えられると思います。

私も韓国語を学ぶ過程で、いろいろな韓国の歌を歌ってきました。今も、受講生の方々が帰られた後の教室で、ちょくちょく歌っていますよ(想像できないかもしれませんが…)。

2022年09月18日

姉妹で受講

当教室の受講生のうち、姉妹で通ってくださっている方がいらっしゃいます。姉妹で趣味(韓国語学習)が共通していて、とても素晴らしいことだと思います。

例えば、お姉さんがお休みの時は、妹さんが、お姉さんの分のプリントを持ち帰っていらっしゃいますが、ご自宅で、その日に学んだ内容についても、教えてあげているのでしょう。姉妹で会話練習もできるし、とてもいいですね。

2022年09月17日

[h]の音が弱まる

中級クラスの「ラジオを聞いて表現を学びましょう」のコーナーでは今週、OMEGA X(オメガエックス)のイェチャンさんが話している韓国語をお聞かせしました。

경험(発音:キョンホm、意味:経験)という単語の聞き取りが難しかったですね。[h]の音が弱まって、[キョンオm]に近く聞こえるから、つづりをイメージしにくいです。少しずつ慣れていきましょう。

2022年09月17日

教科書は何度も読みましょう

これもやはり、自戒を込めて申し上げることですが、教科書は、何度も読むのがいいです。5回読んだ時に初めて気付くこともあるし、10回読んだ時に初めて気付くこともあります。

また、バスや電車の中では、やたらに声を出すことはできませんが、ご自宅などでは、ぜひしっかり声を出してお読みになるといいです。

2022年09月16日

授業前の質問も、どうぞお気軽に

授業が始まる直前まで、私は、その日の授業でお伝えすることを教科書を見ながら確認したり、配布する資料が欠けていないか確認したりしています。

そのため、私の方から皆さんに話しかけることはありませんが、質問がおありの際は、どうぞお気軽に質問なさってください。

2022年09月16日

韓国語を学んで、より充実した「オタ活」を

当教室では、入学申込書の中で「韓国語を学ぼうと思われたきっかけ」を書いていただくようにしています。その欄に以前、「オタ活で生かしたい」と書いてくださった方がいらっしゃいます。

その方は今も毎週熱心に教室に通ってくださっていますが、お書きになる韓国語もずいぶん上達なさったし、韓国語の能力が、日々の「オタ活」に、かなり役立っているのではないかとお察しします。

このブログを読んでくださっている、まだ入学なさっていないあなたも、この教室で韓国語を楽しく学んで、「オタ活」を、より充実させてみてはいかがでしょうか。

2022年09月16日

その日のうちに覚える努力を

これは、自戒を込めて申し上げることですが、その日に出会った単語は、その日のうちに、覚える努力をするのがいいです。

例えば今週の授業でお見せしているドラマの動画には、불꽃놀이(花火)という単語が出てきますが、この単語に初めて出会ったのであれば、その単語が出てきた場面を思い浮かべながら、紙に10回書いたり、10回、大きい声で発音したり、といった作業を、その日のうちにすることをお勧めします。

明日は明日で、出会う単語があるでしょうから、その単語に出会った「その日のうちに」やる、というのがミソだと思います。

その単語に、どこで出会ったのかという印象 (動画を見て出会ったのか、講師の話の中に出てきたのか、など) は、当日が一番鮮明で、その印象も、単語を記憶する手掛かりになりますからね。

しばらく時間が経過して、「あれ、『花火』って、何だったかな?…」と忘れる場合も、もちろんあると思いますが、その単語に出会った日の「覚える努力」の量が多ければ多いほど、再度覚える際の労力は、小さくて済みます。

힘내세요(頑張ってください)!

2022年09月14日

プサン(釜山)で役に立ちますように

BTS(防弾少年団)のコンサートが来月10月15日(土)、韓国のプサン(釜山)で開かれますが、当教室の受講生も、行く予定の方が、ちらほらいらっしゃるようです。

多くの人が押し寄せて、いろいろ大変かと思いますが、これまでに当教室で鍛えてきた、韓国語を聞き取る力、話す力、読む力が、現地で少しでも多く役に立つことを願っています。

2022年09月13日

キムチを食べる人と食べない人の割合

初級クラスで、動詞の否定形を学んだ時点で、「普段、キムチを食べますか?」と、受講生の方々に質問しています。

本日の初級クラスでも、この質問をしたところ、네, 먹습니다(はい、食べます)と答えた方が6割、아뇨, 먹지 않습니다(いいえ、食べません)と答えた方が4割でした。

これまでに多くのクラスで、この質問をしてきましたが、いずれの場合も、だいたいこれくらいの比率になる(食べる人が、食べない人より、ちょっと多い)のが、とても面白いと感じています。

2022年09月13日

子守歌代わりに聞く

当教室の受講生Mさんの発音は、非常に明瞭で、韓国人が聞いても、とても聞き取りやすいだろうなと感じています。声もしっかりお出しになるから、なおさら聞きやすいです。

Mさんは毎晩、教科書付属の音声のCDを、子守歌代わりに聞いているとのこと。やはり1回でも多く聞くことは大切ですね。

2022年09月12日

教室の看板と中秋の名月

教室が入っているビルのシャッターを閉めるため、先ほど外に出ると、満月が浮かんでいました。「そうかあ、今日(9月10日)は十五夜かあ…」と思いながら、教室の看板と中秋の名月の写真を撮ってみました。

ついでに願い事もしました。「1人でも多くの人が、この教室で、韓国語を楽しく学べますように」。

2022年09月11日

ガールズグループの名前を当てる

中級クラスの「ラジオを聞いて表現を学びましょう」のコーナーでは先週、ガールズグループ「パープルキス」についてのラジオ放送を使用しました。

放送をお聞かせする前に、パープルキスの写真をお見せして、このグループの名前をご存知かお尋ねしたところ、4クラス中、お1人だけが「パープルキス!」とお答えになりました。よくご存知で、感心しました。

2022年09月11日

韓流雑誌コーナー

教室入口のドアのそばに、韓流雑誌コーナーを設けています。コーナーと言っても雑誌は1種類だけ(『もっと知りたい!韓国TVドラマ』のみ)で恐縮ですが、授業の前に、受講生の方々が手に取ってお読みになっています。

雑誌の中の、かっこいい芸能人たち、この人たちが日常、話している言葉を、私たちは学んでいるわけです。そう思うだけで、ウキウキします…よね?

2022年09月10日

韓国語を聞いて、泣けるように

授業で使っている教科書に、슬픈 드라마를 보고 운 적이 있어요(悲しいドラマを見て、泣いたことがあります)という例文が出てきました。

韓国ドラマを見て、泣いたことがある方は、少なくないのではないかと思いますが、韓国の俳優が話している韓国語を聞いて、その韓国語が心にしみて、泣けるようになれば、ホンモノではないかと思います。

そういうレベルを目指して、頑張りましょう!

2022年09月10日

初級単語もあなどれない

今週の「ドラマを見て表現を学びましょう」のコーナーでは、ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』の一部をお見せしていますが、俳優カン・テオさんのセリフ“그럼 갈까요?”(では行きましょうか?)の“그럼”(では)は、どのクラスでも、中級レベルのかなりの実力者でも聞き取れませんでした。

그럼は初級単語ですが、あなどれませんね。話すスピードが速いと、このように聞き取りが難しくなります。「易しい単語なのに聞き取れなかった…」とがっかりするのではなく、こういうのを地道に鍛えていくのが、学習に他なりません。頑張りましょう♪

2022年09月09日

頑張る高校生

当教室の受講生は成人の方がほとんどですが、高校生の方も数名いらっしゃいます。

その方たちは、教室の授業が始まるまでの数分間、学校の宿題か何かに取り組んだり、また、たった今、部活を終えてきました、という感じの格好で教室にお越しになったり、皆さん、とても頑張り屋さんです。

今後も、限られた時間の中で、韓国語も集中して勉強して、成果を上げて欲しいと思います。

2022年09月07日

「書きながら」授業を受ける

教室の受講生のうち何人かの方は、常にノートに「書きながら」授業を受けていらっしゃいます。

書いていらっしゃるものは、教科書の内容だったり、講師がしゃべったことであったり、ラジオやドラマの教材の、聞き取れた内容だったり、いろいろだと思いますが、とにかく常に書いていらっしゃいます。

これは、外国語の学習上、非常に効果があることは言うまでもありません。これからも頑張って、書いていただきたいと思います。

2022年09月07日

長く聞けなかった言葉

「週末、韓国に行ってきます!」という言葉を、受講生の方から久しぶりに聞きました。

しばらく前までは(おととしより前は)、しょっちゅう聞いていたこの言葉も、ずいぶん長いこと聞けずにいましたが、状況が少しずつ変化し、やっと聞けるようになった、ということでしょう。

まだまだ、以前と同じように、気軽に行く、というわけにはいかないでしょうが、行けるようになって、喜ばしいことです。ぜひ、いい思い出を作ってきてください。

2022年09月06日

「ヨントンに役立ちました」

受講生の方がこのほど、K-POPアイドルとのヨントン(ビデオ通話)の抽選に当たって、アイドルと30秒間お話しなさったそうで、「教室で学んだことが役に立ちました。ありがとうございました」と私がお礼を言われて、恐縮しました。

素晴らしい経験ができて良かったですね。これからも頑張ってください。

2022年08月09日

5年の節目の小さい花

この春、ご入学から5年の節目を迎えられた受講生(2017年4月入学生)の方々にさしあげるプリザーブドフラワーをネットで注文していて、本日届きました。予算の都合で、どうしても小さい花になってしまって申し訳ないのですが、喜んでいただけたらと思います。

2022年04月01日

カードに書かれたメッセージ

初級クラスの受講生Nさんはこのほど、都合で教室をお辞めになったのですが、お辞めになる際、ご丁寧に、お菓子とメッセージカードをくださいました。

カードには、「大村からの参加でしたが、授業が楽しく全く苦にならずに通うことが出来ました。丁寧にご指導して頂き、ありがとうございました」と書かれていました。

授業が「楽しい」と思っていただけて、とてもうれしく思います。こちらこそ、遠方から通ってくださって、どうもありがとうございました。これからも、どうぞお元気にお過ごしください。

2022年03月31日

ハングルが読めれば楽しい

先日、無料体験にお越しになった方は、「(長崎の)街の中で見かけるハングルが読めるようになりたい」とおっしゃいました。大変素晴らしい学習動機だと思います。

確かに、日本国内にいても、商業施設や公共交通機関などで、ハングル(韓国語の文字)はよく見かけます。先日は銀行のATMを操作していて、「少々お待ちください」の韓国語表示があって、「あ、ここにも」と、私自身、思いました。

ハングルが読めれば楽しいし、また、書くこともできれば、ハングルでメモを取ることもできて、大変便利でもあります。皆様もぜひ、この春、韓国語の学習をお始めになってみませんか?

2022年03月21日

ひなまつりのお菓子

今日はひなまつりでしたので、ひなまつりらしいお菓子を受講生の方々にさしあげようと思って、夢彩都に買いに行ったら、ちょうどいいの(桃もなか)がありました。喜んでいただけて、良かったです。

2022年03月03日

「特に楽しかったです」

中級クラスの受講生Sさんは、ご勤務の都合で、今月教室をお辞めになったのですが、お辞めになる際、「(ドラマの)動画で学ぶ韓国語が特に楽しかったです」とおっしゃってくださいました。

ドラマの教材は、難しすぎず、易しすぎず、かつ勉強になる部分を探し出すのが少々大変なのですが、「楽しい」と思って取り組んでくださっていて、とてもありがたく思いました。

Sさんの今後のご健勝、ご活躍をお祈りいたします。

2022年02月20日

写真の中の韓国語を読む

中級クラスでは、韓国語のラジオ放送の聞き取りをしていますが、今週の教材では、ラジオのDJが、ワナワンの再結成について話している部分を使いました。

授業では、教材をお聞かせする前に、ワナワンの写真をスクリーンに映してお見せしたのですが、そこに写っている韓国語についても、解説しました。

受講生の皆さんは、写真の中に現れる、こういう韓国語もすらすら楽しく読めるようになっていただきたいと思います。

2022年02月04日

韓国人に文字を褒められる

中級クラスの受講生Mさんは先日、私に提出する宿題に、「韓国人の友人に、ハングルが上手に書けていると褒められました!いつもご指導ありがとうございます」とメッセージを書き添えてくださいました。

受講生の皆さんが、よりきれいなハングル(韓国語の文字)が書けるよう、宿題の添削を通して、毎回指導させていただいていますが、Mさんが、自分が書いたハングルを韓国人に褒められる、という“成果”を得ることができて、私も大変うれしく思います。

2022年01月15日

2021年も、お世話になりました

2021年の授業も、今日(12月28日)で終わりです。暑い日も、また寒い日も、教室に熱心に通ってくださった受講生の皆さんに、心よりお礼申し上げます。

来年も、教科書をはじめ、授業中にお見せする動画や、お聞かせするラジオ放送を通して、韓国語のいろいろな単語・表現に触れ、それらを1つでも多く、自分のものにしていきましょう。

先週は、気持ちばかりですが、クリスマスの贈り物(お菓子、下の写真)を受講生の皆さんにさしあげました。おいしく召し上がっていただけたら幸いです。2022年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、「入門クラス」の新規開講は4月を予定しております。曜日・時間を決めた上で、1月中には、募集を開始させていただきます。恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年12月28日

聞き取りの奥深さ

うちの教室の受講生の中に、韓国ドラマを聞き取る能力が、非常に優れた方(Aさん)がいらっしゃいます。

ドラマの教材を準備している時に「さすがのAさんでも、この部分は、聞き取れないだろう」と思っていても、実際に授業をしてみると、Aさんは難なく、聞き取ったりします。

しかし、その逆に「Aさんであれば、ここは当然、聞き取れるだろう」と思っていた部分でも、お聞き取りになれない場合もあります。「聞き取り」というものの“奥深さ”を感じます。

2021年09月19日

ソウル、漢江と秋空

ソウルに住んでいる韓国人の友人がこのほど、散歩の途中に橋の上から撮った、という写真を送ってくれました。漢江(ハンガン)と秋空が美しいです。

2021年09月16日

韓国旅行の代わりに

韓国の音楽を紹介する(日本国内の)ラジオ番組を先日聞いていると、DJが「(コロナ禍で)もう1年半も、韓国に行っていない」と話していました。

本当に、この状況がいつまで続くのか……と考えると、少々ヘコみますが、受講生の皆さんには、「韓国旅行の楽しみ」を味わえない代わりに、「韓国語学習の楽しみ」を毎週、教室で味わっていただきたい、と思っています。

2021年08月30日

BTSと学習動機

当教室の無料体験に来られる方、あるいは当教室に入学なさる方のうちの何割かの方(感じとしては2割程度の方)は、BTSがお好きです。

「BTSの歌の歌詞が読めるようになりたい」「BTSのメンバーが話していることを聞き取れるようになりたい」などの動機が多いです。

「歌詞が読めるように」という点については、学習の開始から数ヶ月(半年程度)経って、韓国語もだいぶ読み慣れて、辞書も自由に引けるようになれば、文法的にすべてを理解はできなくても、「歌詞が読めるように」はなると思います。

「メンバーが話していることを聞き取れるように」については、学習が進むにつれて、聞き取れる部分が1%、3%、5%、10%…という具合に少しずつ増えていくと思います。

中級レベルになれば、例えばBTSのメンバーが記者会見で話していることの20~30%くらいはわかるようになると思います。

2021年08月19日

黄色い紙の宿題

当教室では毎週、宿題をお出ししています。その日の授業で出てきた表現を、日本語から韓国語に訳して書いていただく宿題です。皆さん、お忙しい中、頑張って取り組んで提出してくださっています。

宿題は、机に設置した提出箱に提出していただきます(写真の黄色い紙が宿題です)。提出していただいた宿題は私がチェックして、翌週、お返ししています。文字の形など、不正確な場合は、その中で指摘させていただいています。

2021年08月13日

ささやかな贈り物

今年最後の授業の際に、受講生の皆さんに、ささやかな贈り物(ビスケット)をさしあげました。コロナ禍の中でも熱心に、教室に通ってくださって、どうもありがとうございます。

2020年12月30日

受講生へのお礼の花

ご入学から5年を迎えた方と10年を迎えた方にさしあげる、お礼の花(プリザーブドフラワー)を今日買ってきました。喜んでいただけるといいのですが。

2020年10月01日

あっという間の15年

本日4月1日は、当教室の創立記念日です。当教室は今から15年前の2005年4月1日に、諫早駅の裏のビルの2階で産声を上げました。開校時点で14人の受講生がいらっしゃったのを今でも覚えています。

それから5年ほど経って、長崎市に教室を開いて、その後、運営上の都合により、やむなく諫早の教室は閉鎖しました。

諫早の教室を閉鎖したことで、お別れになってしまった受講生の方々には、本当に申し訳なかったと今でも思っております。

日韓関係がいい時もあって悪い時もあって、受講生の数は変動を繰り返しましたが、この15年、常に受講生がいてくださった、ということは、本当に感謝すべきことだと思っています。

「(韓国語を)教えたい!」という気持ちがあっても、「学びたい!」という人がいなければ教室は成り立ちませんからね。

通ってくださる方々への感謝を忘れず、その方たちがより良く韓国語を身につけられるよう工夫しながら、これからも頑張っていこうと思います。

2020年04月01日