聞き取りの奥深さ

うちの教室の受講生の中に、韓国ドラマを聞き取る能力が、非常に優れた方(Aさん)がいらっしゃいます。ドラマの教材を準備している時に「さすがのAさんでも、この部分は、聞き取れないだろう」と思っていても、実際に授業をしてみると、Aさんは難なく、聞き取ったりします。しかし、その逆に「Aさんであれば、ここは当然、聞き取れるだろう」と思っていた部分でも、お聞き取りになれない場合もあります。「聞き取り」というものの“奥深さ”を感じます。

21年9月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin